飼育

  • 2019.06.26 Wednesday
  • 12:57

ちゅーりっぷハウスでは、連携園からいただいたザリガニやカブトムシの幼虫などを大切に飼育しています。

ザリガニは生まれたばかりの赤ちゃんのときにいただき、今ではこんなに大きくなりました!

 

 

最近では、保育者の自宅にいたアオムシを保育園で飼育しました。

ミカンの葉をもりもり食べ、どんどん大きくなりました。

 

おなかがいっぱいになったアオムシは蛹に変身し、10日ほどすると蝶になりました。

 

みんな、とても綺麗な模様の蝶に興味を持ちじっとケースのなかを見ています。

 

保育者が蝶を出し、手に乗せると怖がる子もいましたが「わぁ〜」と声を出し喜んでいました。

 

帰園後に、保護者に手に蝶を乗せたことを知らせる2歳児もいました。

忘れることのできない初めての貴重な体験となりました。

 

 

もう少しすると、カブトムシの幼虫も土の中から出てくると思います。

今から、その日をドキドキしながら待っています♪

 

コメント
コメントする